Read Article

赤ちゃんの寝返りはいつごろ、何ヶ月から?しない場合は練習してみるのもいいかも。

赤ちゃんのいる家庭にとっていつ出来るようになるかなと最初に気になるのが寝返りですよね。
時期としては首がしっかりとしてくる5ヶ月から6ヶ月頃に寝返りをする赤ちゃんが多いですが、早い子では2ヶ月、遅い子では10ヶ月頃と個人差がある事が分かります。

H寝返りの必要性

寝返りが赤ちゃんにとって何故必要かというと、寝返りは赤ちゃんにとっての成長の一つと考えられており、腰の筋肉や神経が成長した証として見る事が出来るからです。


成功すると、赤ちゃんにしてみれば世界が変わった感じになるんでしょうね

しかし寝返りが早いから成長が早い、寝返りが遅いから成長が遅いという事ではありませんし、身体の大きな赤ちゃんは寝返りが遅い場合もあれば、単純に寝返りが嫌いな赤ちゃんもいるのです。

その為中には寝返りをしない赤ちゃんもいます。

寝返りは確かに成長を確かめられる事ではありますが、赤ちゃんにとっての成長は寝返り以外にもたくさんあります。

寝返りはしないけれどお座りやハイハイは出来るという子もいますが、お座りやハイハイも立派な成長の証であり、寝返りとの順番が逆であっても全く問題の無い事なのです。

単純に最初に寝返りをする赤ちゃんが多いので、最初にクリアをしなければならない行動のように思われていますが、寝返りという行動を飛ばしてしまっても、クリアしなくても問題はない事なのです。

しかしなかなか寝返りをしてくれない事で不安になってしまったり、問題ないと分かっていながらも気になってしまう事ってありますよね。
そんな時には両親が寝返りのサポートをして寝返りの練習に協力してあげると良いでしょう。

寝返りの練習方法

寝返りの練習方法としては、赤ちゃんが横向きに寝ている時に練習するか、腰を押してあげて横向きにしてあげましょう。
その後寝返りをしたい方に向けて反対の足を持ち上げてあげるだけで大丈夫です。

そうする事で赤ちゃんが寝返りをしやすい状態になり、練習になります。ですが練習は無理にするものではないので、赤ちゃんが嫌がっている時に練習したりしないようにしましょう。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top