Read Article

親子で楽しめる荒川自然公園。自転車の練習ができる交通公園もあるよ。

住んでいる荒川区の中で大きな公園です。
そしてなんと言っても子供の遊具が充実し、さらに自転車を貸し出す交通園があるんです。

広い敷地で、アスレチック、一般的な遊具があり、交通公園があり、さらにテニス・野球は管理されたエリアなので安全です。
子供のいる家庭にはとて助かるのでレポートしてみます。

荒川自然公園のアクセスと地図

住所は 東京都荒川区荒川八丁目25番3号

荒川区のコミュニティバスのバス停「荒川自然公園入口」からすぐ。
京成の町屋駅からも徒歩数分の距離です。



こちらが園内の公式マップ。

pic_information_map

北側(マップ左)には交通園のほかテニスコート4面、野球場のほかプール、子供の遊具があります。
南側は池を中心に自然に触れ合えるような作りになっていて一番奥にテニスコートとアスレチック施設があります。

なお公園は下水処理場の上に人工的に作られているので、たまーに下水のにおいがします。
たぶん風の影響とおもいます。

鼻をつく悪臭ではないです、処理しているんだなーという程度。

荒川自然公園のルール

開園時間
4月~10月:午前6時
11月~3月:午前7時

休園は木曜日が多いです。

kouen

また、ルールがあり、大きく「みんなで守ろう」と書かれた看板があります。

一、園内には、自転車やバイクを持ち込まないこと。
一、園内や歩道橋では、ローラースケート遊びをしないこと。
一、園内から外には、物や石を投げないこと。
一、まわりの柵には、のぼらないこと。
一、園内では、ボール遊びをしないこと。
一、犬をつれて入園しないこと。
一、樹木は大切に、木や草をおらないこと。
一、池は危険ですので、入らないこと。
一、園内では、飲酒、火を使うこと、洗濯等はおこなわないこと。
一、他の利用者に不快感を与えるようなおこないはしないこと。

このルールを皆さん守るので、安全で安心して楽しめます。
まあ、人によっては小さなボールで遊んでいる人はいますが、本格的に球技をしていることは無いです。

交通園

僕が荒川自然公園に行く最大の目的はこの交通園です。

koutu2

koutu1

敷地内に自転車コースがあり、自転車・三輪車・ゴーカートなど貸し出しされています。
自転車は14サイズからあり、補助付きもあります。
幼児向けには三輪車、豆自動車があり、どれを借りても全部無料です。

jitensya1
大きなガレージにたくさん自転車あります。

jitensya2
この用紙に記載します
名前、年齢、希望の自転車です。

小さな施設のように台数が足りないことも無く、広々と遊べます。

エリア分けがされている

我が家は2歳から通っています。
それは、練習スペースがしっかりとエリアわけされているからです。

三輪車・豆自動車が走れる幼児向けのエリア
補助付き自転車が走れるエリア
一輪車のエリア
自転車に乗れない人の練習エリア

信号機や交差点のある道路コース

三輪車のスペースに、小学生が入ってくることも無いので、ヘンな危険が無いんですよね。
まあ、混雑時は三輪車同士でぶつかりそうになることもありますが、スピードが出るわけじゃないので多少安心してみていられます。

うるさいおじさんがいる

さらに、うるさいおじさんがいます。(いい意味です)
管理人のおじさんたちが、厳しいです。

遊びとはいえ、自動車教習場みたいなものですから、信号無視、逆走、禁止されているエリアへの侵入は厳しく指導されます。

子供であっても親であっても注意してくれるので、ルールの中でしっかりと遊べます。

交通ルールが学べるのでおススメ。
ちなみに9時からやっています。

アスレチック

南側には、アスレチック遊具があります。
幼児には少し難易度は高いですが、そこそこ遊べました。

幼稚園、小学校低学年には一番いい遊び場かもしれません。

こちらは開園から使用可能なので、小さいお子さんは早めにきて遊ぶといいかもしれませんね。

遊具コーナー

幼児向けの遊具コーナーが野球場のそばにあります。
定番の遊具はそろっています

滑り台
ブランコ
砂場
鉄棒
ジャングルジム
シーソー

ベンチもあります。

DSC_0643

小学生低学年くらいまではしっかり遊べます。

公園の大きさのわりに、遊具は数が少ないかもしれません。
ただ交通公園に行く子供も多いので、長居する子は少なく遊具の回転が早いです。

広い公園だからこそですよね。

お友達がいると、なかなか遊具に行けない子供もここでは積極的に遊べると思いますよ。

プール

夏場無料で開放されます。
一時間程度の入れ替えタイプになっているので、事前に区のHPをチェックしておくといいです。

プールといっても、本格的に泳ぐレベルではなく、水遊び程度です。
小学生までが対象で、おむつを使用中の子供はダメです。

オムツ・トイレ

子供と行くときの問題はやはりトイレです。
公園内にはトイレが5箇所ありますが、子供用は公園南側の管理事務所のトイレのみです。

おむつ交換スペースもあります。

他は完全大人使用!
あまりきれいとはいいがたい・・・公園のトイレです。

周辺施設

荒川自然公園内には自動販売機しかなく、売店はありません。
近くには特に商店もないので、京成の町屋駅まで歩くことになります。

駅まで歩けば、ダイエーがあり、飲食はサイゼリア、マクドナルドがあるので、子供連れでも気にせず入店できます。

やはり駅までは少し歩くので、事前に食事やおやつなどは準備しておくといいです。

荒川自然公園のまとめ

僕がいくきっかけになったのは、娘が別の子供施設で三輪車が取り合いになり乗れないことでした。
でも、自分で買っても安全に乗る場所もなく、探してたどり着いたのが荒川自然公園でした。

安全に遊べる場所なので、お子様が三輪車に興味を持った時は、行ってみることをおすすめします。

子供はそれなりに疲れるので、1日遊べるところではないと思います。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top