Read Article

赤ちゃんのプール・じゃぶじゃぶ池デビューは何か月から?

2015年の夏はとても暑いですよね。
東京都内は7月後半から最高気温35度を超える日が連日続いています。

暑い時・・・それでも外で遊びたいのが子供です。

でも、プール、水遊びデビューはいつごろがいいのでしょうか。
さすがにおむつ着用は大丈夫なのか確認です。

うちの子のプールデビュー

1歳の夏でした。

初めての水遊びは、近くの公園のじゃぶじゃぶ池
歩けるようになって、遊びに行きました。

もちろん、ちょっと足をつける程度です。

プールに入ったのも1歳の夏。
実家のおじいちゃんが小型ビニールプールを買ってくれました。
実家に行ったときに遊んでいました。

公共のプールは3歳。
幼稚園がプールデビューになって、その夏に近くのスポーツ施設で入りました。

プールはいつごろから入れる?

公共のプールやじゃぶじゃぶ池にはルールがあるので、そのルールに従う必要があります。
年齢というよりも、あるけること、オムツのことが重要になるのかも。

自宅で水遊びする時の注意点

自宅では年齢制限はなく、自己責任で遊ばせることができます。

座ることができれば問題ないし、オムツもとれてなくても、裸でも遊ばせることはできます。
だいたい生後5か月ころからでも大丈夫です。

昔から、ビニールプールは販売されていますよね。
最近は、かなり小型も販売されていて、直径70cmくらいのものも出回っています。
住宅事情に合わせ購入する必要があります。

自宅で遊ぶ場合の注意点は、日焼け。
日中は日差しが強いので、日焼け対策をしましょう。

理想はパラソルがたつといいですよね。
簡易だと、庭の物干しざおにビニールシートやバスタオルをかけるだけでも簡易な日差しよけになります。

水に顔をつけることもないので、子供に麦わら帽子をかぶせておくのもいいです。

あと、声が結構響きます。
子供は楽しいのでかなり大声を出します。

住宅が密集していたりすると、迷惑になるので、ほどほどに。

水の深さは1歳ほどですと、20cm程度でも充分です。
しっかり歩けるくらいになっても、30cmまではると、動きにくいです。

水遊び程度であれば、この程度で充分遊べます。
ちなみに主な公共プールの幼児用の水深は50cmほど。

【スポンサーリンク】






公共のプールやじゃぶじゃぶ池

公共の施設では、何か月という判断よりも、オムツが最大の問題です。

ほとんどのプールはオムツは禁止です。
じゃぶじゃぶ池も場所によっては禁止しているところもあります。

じゃぶじゃぶ池は公園などに簡易に作られた遊び場なので、プールほど厳しくないです。

オムツをはいたままだとダメな理由は、普通のオムツは水を吸うので、おむつのまま水に入ると大変重くなります。
そのためオムツの取れていない、赤ちゃんははいれません。

難しいのは「水遊び用のオムツ」です。
プールによっては「水遊び用のオムツ」が許可されているところもありますし、「水遊び用のオムツ」が許可されないプールもあります。

事前にチェックして出かけるようにしましょう。

※ オムツがだめだから、すっ裸で遊ばせるのもダメですよ。

個人的に、水遊び用のオムツで入るのは衛生的にどうなのか?とちょっと疑問はありますが。

入れるボーダーラインは

プールはおむつが完全に取れてから
じゃぶじゃぶ池は、おむつは取れていなくても、しっかり歩けるようになってから

1つの判断基準です。

じゃぶじゃぶ池のお勧めはこちらです。
東京都区内で水遊びができる公園一覧、じゃぶじゃぶ池に行くときの持ち物や服装もチェック!

水遊びは危険も伴います。
体を冷やすこともあるし、水深10cmでもおぼれる危険があります。
ちゃんと親が見守って遊ばせましょう。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top