Read Article

都心で気軽にローラースケートが楽しめる場所といえば、ローラースケートアリーナです。

都心でローラースケートを楽しもうと思うと、まず浮かぶのが後楽園の「ローラースケートアリーナ」です。

伝説のアイドル「光GENJI」が練習をした場所でもあり、聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。
ちなみに今でも、ここで練習をしているメンバーもいるとか。
先日『クイズ☆スター名鑑』では、解散してジャニーズ事務所を離れたメンバーが集まり、ローラースケートでスピード対決をしていました。

ローラースケートの聖地みたいな場所でもあります。

そんなローラースケートアリーナに行って来ましたのでその際の代金や雰囲気などのレポートです。
親子とも初めて滑るレベルです。

ローラースケートアリーナの料金

まず、気になる費用面です。

必要なのは

  • 入場料(2時間)
  • ローラースケートレンタル代
  • ロッカー代

入場料は土日祝日は高くなる設定。
ただ、連続して遊びに行くと、安くなるチケットがもらえます。

平日土日祝
大人1200円1500円
学生1000円1200円
小学生以下800円1000円

2歳以下は不要です。

ローラースケートのレンタル代は 500円。
子供も大人も同じ価格。

サポーターやヘルメットは無料で貸し出し。
持ち込みはできるし、MYスケート靴の販売もしています。

ローラースケートをせず、見学だけならレンタル代は必要ないです。

ロッカーは借りたほうがいいです。
荷物置き場ないですし、荷物もって滑れるほどうまい人も少ないと思います。

かかった費用

2時間

入場料が、4000円
 小学生以下1名 (1000円)
 大人2名 (1500*2円)
レンタル 2セット 1000円

私は荷物持ちとして、リンクには入らず見ているだけ。
ロッカーは借りずに済ませました。

リンクについて

リンクは大型と小型の2つあります。

大型リンクは常連さんや上手い人が目立ちますけど、壁に沿って初心者がすべっています。

初心者の人も、ヘンに委縮する必要はなくて、逆走しなければどこ滑っても大丈夫です。
うまい人はすいすいよけてくれますし、中で滑っているスタッフもいるので多少なり助けてくれます。

初心者には優しい雰囲気のリンクです。

それに、下手な人はぶつかってこないので大丈夫です。

小型のリンクはとても小さく、子供の練習専用。
立ち上がって少しでも動けるようになると物足りないレベル。

IMG_20170122_133349
小型リンクでコケる

すぐに大きいリンクに行きたいとなると思います。

無料レッスン

スタッフによる超初心者向けのレッスンが無料で行われます。

土日休日は 13時から、大型リンクの中心で行われます。
たぶん始めてくるような親子ばかりなので、滑れなくて当然の人が集まります。

特に予約もチケット制でもなく、時間の数分前に集まるだけでOKです。

まずは、立ち上がるところから練習。

よちよち滑る感じまで練習します。

驚いたのは、こけても手を貸さないことです。
自分で立ち上がることも重要なんだけど、下手に手を貸すと、うまく立ち上がれず肩が外れることもあるとか。

内容は少し物足りないけど、無料レッスンはここまで。
ちなみうちの子は3回行って、2回無料レッスンをうけました。

無料レッスンの先は有料の教室もあります。
子供はうまい人の滑り方を見てなんとなく滑れるようになるので、3回目には1人で大型リンクを1周回って来ることができる程度まで成長しました。

ローラースケートアリーナの混雑状況

土日はまあまあ混雑しています、常連さんやサークルなのかグループなんかも多くいます。
といっても、余裕で自分のペースで滑ることはでき、あまり気にせずに回れます。

初心者も多いので、コケても目立つことはありません。

1060015399_0000004963_1

飲食について

一番困るのが食事でした。

東京ドームシティ、後楽園駅周辺は飲食店は多いけど、12時を回ると土日はどこも混んでいます。
15時を過ぎていけばそれなりに空くのですが、15時でも並んでいるお店もあるくらいです。

ローラースケートアリーナの2時間入場料と13時のレッスンを考えるとランチは結構難しいところ。

個人的には、11時前に後楽園について、先にランチを済ませ12時と過ぎてから入るのがベストかなと思っています。

子供は数回行けば自分で滑ることができるようになります。
気軽にローラースケートを楽しめる場所でした。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top