Read Article

夏休み(7月8月)に子供を連れて東京ディズニーランドに行くときの服装と持ち物!

夏休みしか東京ディズニーランドにいけない子供も多いですよね。
そこで一大イベントになる夏休み(7月8月)に子供を連れて東京ディズニーランドに行くときの服装と持ち物をチェックしておきましょう。

忘れても、現地で購入できるけど、時間やお金のロスになるのでちゃんと準備しておきたいですよね。

夏休み(7月8月)の東京ディズニーランド

比較的混雑しますが、春休み・GW・シルバーウィーク・ハロウィンほどではありません。
理由は・・・暑いからです。

混雑は人気アトラクションで90-150分が一般的な待ち時間で、太陽が上からサンサンと照らし、地面はコンクリートの照り返しの中、待っていることがつらいくらいだからです。
ちゃんと暑さ対策をしておかないといけません。

服装と持ち物の基本

まず、お父さんお母さんは動きやす靴と服装がおススメ。
汚れが目立たず、通気性のいい綿パンなどが楽ちん。

場合によっては地面に座ったりすることもあると思うので、汚れても気にならないボトムがおススメです。
靴もしっかり履きなれたものがいいですよ。

DSC_0087

お父さんのトップスは、ポロシャツや半そでシャツ・Tシャツでいいです。

でもお母さんは日焼けが気になると思うので、キャミなどの肩だしの上からUVカットのカーデは必須です。
外では着るようにして、食事をする時などは脱ぐので、くしゃくしゃと折ることができる安くて機能的なカーデでいいです。

子供が歩けない場合は、ベビーカーじゃないと大変です。
抱っこヒモは暑過ぎでバテます。

ベビーカーはディズニーランド内で借りてもいいです。
さすがに炎天下に抱っこし続けるのは大変ですよ。

歩ける子もできるだけ日焼けしない服装で行きましょう。
女の子であれば、カーデ、男の子はキャップは絶対に必要です。

持ち物としては、タオルハンカチ、水筒、日焼け止め。
保冷剤や団扇や扇子などがあると熱対策になります。
後は帽子やサングラスなどの紫外線対策ですね。

親によっては、待ち時間を潰すゲームなどを持ち込んでいる人も見かけます。
個人的には、待つことも勉強と考えているので、ゲームなどの持ち込みはさせません。

こまめな水分補給と休憩、日焼け止めクリームを塗ることは忘れずに。

【スポンサーリンク】






水のイベントに行く場合

「雅涼群舞(がりょうぐんぶ)」や「おんどこどん」といった水が巻かれるイベントもあります。
「雅涼群舞(がりょうぐんぶ)」は抽選なんですが、もし抽選に当ると、水がたくさんかかる場所で見ることができます。

見る場合はしっかりと準備が必要です。
水の対策していないスマートフォンとかは水につかると壊れちゃいますからね。

せっかくのデータが・・・。
なくなるし、お金もかかっちゃいます。

詳しくはこちらに書いていますので「雅涼群舞(がりょうぐんぶ)」を希望する人は準備しておきましょう。
雅涼群舞2015は抽選。1日3回の時間は?ずぶぬれ注意の大イベント!

夕立の準備

夏の関東平野は突然の夕立・ゲリラ豪雨が来ることもあります。
時間は比較的早い昼過ぎの場合もあれば、閉園間際の遅い時間もあります。

凄い雨が降るので注意しておきましょう。
ゲリラというだけあって、いつ来るのか読めません。

準備というのは、スマートフォンで雨・ゲリラ豪雨を教えてくれるアプリをダウンロードしておくのが一番いいです。

夏休み(7月8月)は混雑するので、屋根のないところで待っていることも多いです。
いつの間にか大雨に・・・なんてことのないようにある程度予測していれば、次の準備に移れますからね。

アプリでによっては、雨が続く時間もある程度予測できます。
もし短時間で終わるようであれば、そのまま雨宿りしていればいいですし、雨が続くようであれば帰るのも手です。

天気予報はなので外れることもあるけど、いろいろなお天気情報とあわせ自分なりに予測しておくといいですよ。

夏休み(7月8月)は暑さと日差しとの戦いです。
お父さんも家族サービスの一環で大変と思いますが、頑張りましょう。
きっとビールは美味しいはず!

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top