イクメンパパの子育てブログ

Read Article

ディズニーハロウィーン2015の全身仮装ルールと子供の仮装ルール。OKなこととNGのこと

ディズニーハロウィーンの季節がもうすぐやってきますよね。

最近は1年を通して一番盛り上がるイベント期間になっています。
大人が全身仮装できる期間もあるので、自分の好きなディズニーキャラクターになってディズニーランドに遊びに行けるのはいいですよね。

全身仮装にはルールがあるので注意しておきましょう。
ちなみに、小学生6年までの子供はいつでも仮装OKです。

ハロウィーンの公式では以下のように注意書きがあります。

  • ディズニーキャラクター以外への仮装はご遠慮ください。
  • お顔がわからなくなるほどのメイクや仮面・付けヒゲはご遠慮ください。
  • 長い棒など危険物は持ち込めません。
  • 露出の多い服装はご遠慮ください。
  • 裾をひきずるほどの長いドレスや全身タイツはご遠慮ください。

意外に・・・わかりにくい表現があるので、具体的にOKなことNGのことを書いていきますね。


期間がきまっている


ハロウィーンの期間でもいつでも全身仮装が認められているわけではなく、ランドは9/8-9/14と10/26-11/1。
シーは9/15,9/16,9/17の3日間です。

2015年からシーでも全身仮装がOKになりました。
シーとランドで日付が被っていないのは、ファンのためなんでしょうね。


ちなみに小学生以下の子供は、全身仮装の日じゃなくても、ハロウィーンのイベントでなくてもいつでも全身仮装ができます。
たまに・・・着ぐるみの子供も見かけますよね。

ドナルドの衣装をきたちびっ子がいると結構きゅんきゅんきます。


ディズニーキャラクター以外の仮装はダメ


ハロウィンというとお化けのコスプレもしたいところです。
ジェイソン、ガイコツなどなどもありそうですけど。

ディズニーランドなので、ディズニーキャラクター以外はNG。

あと、ディズニーの実写映画に登場しているけど、アトラクションやアニメに登場しないキャラもNGです。
パイレーツ・オブ・カリビアンのウィル・ターナーやティア・ダルマなんかもNGです。

ジャック・スパロウはOK。

いろいろ問題のありそうな、オズワルド・ザ・ラッキー・ラビットもOKでしょうね。
シーにいるから大丈夫でしょう。

【スポンサーリンク】



顔は仮装してはダメ


お面をつけたり、顔に特別メイクもNGです。
特別メイクは、白塗り、傷を書くこと、付け髭もNG。
顔に特徴があるキャラクターの全身仮装はやりにくいです。

被り物は顔が出ていればOK。


露出の多い仮装はダメ

場所柄、セクシーさは不要なんでしょう。
キャラクターのイメージを損なう仮装はNG。

子供もいますから、肩、お腹、脚の露出は注意です。
特に妖精やアレンジの衣装は注意が必要です。

そのほか、危険なアイテム、周りに引っ掛りそうなドレスなどもNGです。
ルールを守って楽しみたいですね。

b-portugal-2013-road-trip-gallery-02

子供はどうする?


子供はいつでも仮装がOKです。
別にハロウィン期間でなくてもOKです。

ディズニーランドに行くときに、ディズニーらしい服装で行くだけで本人は楽しいものです。
ちなみにうちは「しまむら」などで売っているエルサ風のドレスや、ミニーの赤い水玉風ワンピースを着せていくこともあります。

実際に本人もノリノリですし、キャストも声をかけてくれます。
「こんにちは エルサ」っていう感じですね。

あまり動きにくいのもかわいそうなので、普段の服に少しディズニーのアレンジする程度で充分です。
もしも本格的にするなら。


子供の仮装ならビビディ・バビディ・ブティック

こちらは高額ですが、公式コスプレショップがあります。

場所はディズニーランドホテル。

女の子限定でプリンセスに仮装してくれるお店「ビビディ・バビディ・ブティック」です。

なりきれるプリンセスは

シンデレラ
オーロラ(眠れる森の美女)
ベル(美女と野獣)
ラプンツェル

です。

以前は白雪姫もありましたが、変りにエルサとアナがキャラクターとして登場しています。
衣装のサイズは100-150で10cm刻みであります。

メイク、ネイル、ヘア、衣装までやってもらうと・・・23100円と高いです。
1日プリンセスの体験ができるので、子供にとってはよい思い出になりますよ。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Return Top