Read Article

荒川自然公園、わいわいプールの予定 2016

都内にある、水あぞびや本格的な幼児向けのプールとして有名なのが荒川自然公園の「わいわいプール」です。
昨年は何回かお世話になったので、2016年も検討中。

2016年のスケジュールが出たので昨年のレポート含め覚書しておきます。

幼児向けわいわいプール

荒川区にある、荒川自然公園は施設の多くが無料で利用できます。

夏の時期だけ営業が行なわれる わいわいプールもなんと無料!

水深が浅いので、利用者は「小学生」「未就学児」、「未就学児の付き添いの親」に限られます。

2016年の時期と時間割

2016年は、7月16日(土)~9月4日(日)

この期間に行なわれます。
基本的に毎月、第1・3木曜が荒川自然公園の休園日になるので、同時にわいわいプールも入ることはできません。

もちろん天候などで、中止もあるので確認しておきましょう。

【スポンサーリンク】






時間割

営業時間は、午前9時30分から午後4時20分まで。
1回1時間、5回の入れ替え制になっています。

1回目9:30~10:30
2回目10:50~11:50
3回目12:40~13:40
4回目14:00~15:00
5回目15:20~16:20

※注釈 天候等により中止する場合があります。

waiwai

プールの様子

気になるのが、プールの様子です。

週末に何度か行きましたが、ほとんどの子供は未就学児か小学校低学年です。
また子供だけできている小学生は見かけませんでした。

遊ぶには浅いし、狭いといったところ。

その代わり、泳げない未就学児や低学年の子にはいい環境です。

水深も浅いので、泳げない子が親と練習できるし、水遊びも遠慮なくできます。
お父さんが子供の手を引いて泳いでいる感じが多かったです。

7-10家族、30名前後といったところで、プールに20名ほど。

平日などはもしかすると団体がいたりするのかも。

親の水着

ガチガチの競泳水着はいませんし、お母さんがビキニということもありません。

お母さんは、そのまま歩いていてもOKなくらいの、タンクトップ風のシャツに、フレアな短パンのような水着が多く見られました。
また日焼けを避けているのか、ラッシュガードの着用率も高いです。

お父さんは、ゆったり目の膝上の短パン率が高かったです。

子供に泳ぎを教える親にはちょうどよい環境と思います。

ちなみに、夏は、カブトムシがみれる昆虫観察園が8月7日(日)まで行なわれます。
日本の国蝶である、オオムラサキも観察園ができていて、土日限定で、7月31日まで行われています。

荒川自然公園の夏のイベントなので寄ってみるのもおススメです。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top